S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
もしも
d0152142_8174947.jpg

きのうは、もしもの時について考えていた。

もしも、浅間山が噴火してここに住めなくなったら、猫達とどこかへ移動しよう。未練など持たない。

もしも、家族の誰かが介助を必要としていて、みんなで支えようということになるだろうけれども、できれば自分がずっと一緒にいよう。その為に運転免許を取ったのだから。

もしも、自分が瀕死でいたとしたら、延命措置は不要だ。死んだら火葬して、子供の頃だいすきだった和歌山の浜辺に少しだけ撒いて、あとは処分してくれたら本望だ。

だから、今を穏やかに楽しく、哀しくても辛くてもボチボチと、したいことをしながら生きていこうと思う。





by aricafe | 2014-03-12 08:41
<< 春の 初 >>